企業内保育を活用する|安心安全な子守のサービス

保育士

増えているサービス

企業内保育園の利用料金

保育

企業内保育所とは企業が自社に勤める従業員の子弟を企業内保育することで、保護者、特に女性が働きやすくするために設けられたものです。自分が働く会社に保育所があるので、送り迎えの時間を短縮でき、しかも休憩時間に子どもの様子を見に行くことができるので、親にとっては安心です。さらに従業員の子どもだけなので数が限られており、入所できないということはないので、産休が終われば必ず入園でき仕事に復帰できます。 このようにメリットの多い企業内保育所ですが利用料はどれくらいなのでしょうか。これは企業によって様々ですが、企業内保育所を従業員のための福利厚生として設けているところが多いので補助が出るなど数万円と低額で利用できる場合が多いです。

企業内保育

企業内保育が盛んに行われるようになってきましたが、この動きについては、遅すぎであるとする厳しい意見も出されています。 そもそも企業内保育がこれだけクローズアップされてきた背景には、女性の処遇改善が根本にあるといわれます。どちらかといえば、女性の起用については、後ろ向きな感覚があった日本社会においては、女性の管理職登用などの動きがようやくはじまったとされる段階にきています。 そんな中において、子供を安心して任せることができる企業内保育の存在感が増してきたといえます。企業内保育については、福利厚生の一環であるとする考え方もある一方において、ある程度の自己負担を求めるケースもあるとされており、さまざまであります。

計算がしやすい

保育

企業内保育というサービスを行なっているところは増えています。その企業内保育を利用することで、一般の保育園と違い将来設計がしやすいというメリットが得られるのです。

Read More...

子どもを預ける

保育

現在の社会は若い人達が少ないため、様々な面で問題が多いです。その問題を解決するためにも、企業側は企業内保育というサービスを実施しています。子どもがいる女性でも安心して働ける方法となっています。

Read More...

増えている問題

保育

現在の社会では女性も働くことが増えています。その働く女性が増えたことで保育園を利用する家庭も増えています。ですが保育園では預かることができない子どもも多くなっており、その問題を解決するためにも企業内保育を利用しましょう。

Read More...